美容整形を利用して半永久的にフェイスラインを維持できます

サイトメニュー

切らずにエラ張りを解消

顔に触れる女性

ダウンタイム要らずで安心

美容整形を受ける場合大きく変化させるためにはメスを使用しなければいけない場合があります。その場合ダウンタイムが長引いてしまったり傷跡が治るまで目立ってしまったりする場合もあるでしょう。そんな傷跡も目立たずメスを使用せずに施術を行えるのがボトックス注射です。ボトックス注射はエラが張っている場所など筋肉の影響で顔が大きく見えてしまっている場合に有効な施術です。施術を受けることで数週間後には憧れの小顔を手に入れることが出来ます。これまでであれば小顔施術といえばメスを使用する施術が主流でしたが、ボトックスが美容整形で利用されるようになり注目されるようになりました。ボトックスには筋肉の動きを抑制し細く小さくする効果があります。その効果を顔に利用することで膨らんだ筋肉を小さくしすっきりとしたフェイスラインをつくることが出来るでしょう。メスを使わない注射器だけの施術のため、これまで美容整形を受けることが出来なかった人でも受けやすくなりました。簡単な施術ではありますが高い効果を発揮してくれ、ダウンタイムもほとんど必要ありません。美容整形はダウンタイムがある程度必要になりますが、メスを使わない分大きな腫れなども出にくく、施術後であっても施術前とほとんど変わりないでしょう。また、すぐに変化が出る訳ではなく数日後から徐々に改善しはじめ、3週間後にはしっかりその効果を実感することが出来ます。ゆっくり時間を掛けて輪郭が変わっていくので、美容整形を受けたというよりはダイエットをしたかのような自然な仕上がりになるでしょう。
ボトックス注射自体小顔施術の中でも手軽で受けやすい施術ですが、施術を受ける上でいくつか気をつけた方が良いことがあります。まず施術直後は肌がとてもデリケートな状態です。見た目に変化がなくても患部にはボトックスが留まっている状態です。そのため、患部を強く押したりマッサージしたりするような行為は避けましょう。患部を強く押してしまうと腫れが強く出てしまったり、それだけでなくボトックスが他の部分にまで広がってしまったりする恐れがあるでしょう。それではせっかくの小顔効果が半減してしまうので、出来るだけ触れずそっとしておくことをおすすめします。また、熱いお風呂に入ったり激しい運動をしたりするなど血行が良くなるような行動は控えましょう。体の血行が良くなると腫れや赤みの原因にもなってしまいます。施術後数日間は出来るだけ激しい運動など避け、血行が良くならないように気をつけましょう。ボトックス注射は顔に数ヵ所ボトックスを注入するだけのとても簡単な施術です。しかしドクターの腕前が大きく左右する施術です。やはり腕の良いドクターであればボトックスの量や注入ヵ所の調整が上手く、仕上がりも希望通りにすることが出来るでしょう。しかし、技術が未熟なドクターの場合はその調整が難しくなってしまいます。そのため、ドクターを探す際はこれまでの実績であったり持っている資格だったりなど参考にしながら選ぶことをおすすめします。近年技術の進歩により、美容整形を受ける人が大変多くなっています。ボトックス注射はその中でも人気の施術であり、若い人から年配の人まで支持されている施術です。ぜひボトックス注射でエラ張りの悩みを解決しましょう。

Copyright© 2019 美容整形を利用して半永久的にフェイスラインを維持できます All Rights Reserved.