美容整形を利用して半永久的にフェイスラインを維持できます

サイトメニュー

種類や特徴

看護師

どんな種類や特徴があるのか

小顔整形の種類としては、メスを使った本格的な整形手術である骨削りをはじめ、注射だけで済むボトックス注射や脂肪溶解注射などがあります。まず「骨削り」は、手術で顔の骨格を削ることによって理想の顔の形に整えるという方法になります。エラ部分を小さくすることが出来るエラ削りや、アゴをシャープに見せることが出来るアゴ削りなど、希望する部位ごとに手術をすることが可能です。この骨削りは、直接的に骨格を変えることが出来るため即効性がありますし、半永久的に形を保つことが出来るというメリットがあると言えるでしょう。ただし大掛かりな手術になるため、ダウンタイムも長くなりますし、費用も高額になってしまうという点がデメリットになります。次に「ボトックス注射」は、筋肉を小さくすることが出来る薬剤をエラ部分に注入することで、その部分の筋肉の肥大を抑え、エラを目立たなくすることが出来るという方法です。そのため、エラの筋肉が張って目立つ場合に有効ですし、注射だけで済むので気軽に施術を受けられるというメリットがあると言えます。ただし、効果が実感出来るまでにしばらく時間がかかる点や、効果の持続期間は2〜4カ月程度に限られているという点には注意が必要です。さらに「脂肪溶解注射」は、脂肪細胞を破壊することが出来る薬剤を注入して、頬やアゴの余分な脂肪を取り除くことで、小顔に見せることが出来るという方法になります。こちらも注射だけの施術になるため、本格的な骨削りと比べると手軽に出来るのがメリットですし、脂肪の多さが原因になっている場合に有効な方法だと言えるでしょう。しかし、場合によっては複数回の施術が必要になることもあるため、費用がかさんでしまうこともあります。
小顔整形にはさまざまな種類があることを紹介してきましたが、全体的な特徴を挙げるとすると、それは種類によってリスクや効果、そして費用の面で大きな差があるということだと言えるでしょう。骨削りのような本格的な方法は、即効性や永続性といった高い効果が望めますが、その分、体への負担が大きくなりますし費用も高額になってしまいます。一方で、ボトックス注射のような気軽に出来る方法は、効果の持続期間が限定されているなどの効果面での制約がありますが、注射だけで済むため気軽に受けることが可能です。費用面に関しても、骨削りの場合は100万円程度かかることも珍しくありませんが、ボトックス注射であれば、一回あたり5〜10万円程度で済ませることが出来ます。このように、小顔整形には種類によって大きな違いがあるため、一般的には気軽に出来る方法からまず試してみるという場合が多い、という特徴があります。どうせやるなら本格的な方法の方がいいと考える人もいるかもしれませんが、骨削りといった本格的な方法は、一度行うと元に戻すのが難しくなるのです。そのため、最終的には本格的な小顔整形をしたいと考えている場合でも、まずは気軽に出来るものから試してみた方が安心でしょう。また、顔が大きく見えてしまう原因は人によってさまざまなので、それぞれに向いている方法と向いていない方法があるということも小顔整形の特徴だと言えます。そのため、どの方法がいいのかは、自分の判断だけで決められるものではありませんし、医師とよく相談した上で決めることが大切になってくると言えるでしょう。

Copyright© 2019 美容整形を利用して半永久的にフェイスラインを維持できます All Rights Reserved.